相談窓口

まもりーぶ

みやぎ地域福祉サポートセンター まもりーぶ

 

各種福祉資金の貸付事業

生活安定資金貸付事業

町内に1年以上在住している方を対象に、生活の繋ぎ資金として、川崎町社会福祉協議会が無利子で50,000円の貸付を行っております。

生活福祉資金貸付事業

低所得者・障がい者、高齢者世帯等に対し、資金の貸付と相談支援を行っており、経済的自立と生活意欲の助長促進など安定した生活を送れるよう支援することを目的に宮城県社会福祉協議会が貸付をしております。


コロナウイルス関連の貸付事業

緊急小口資金貸付事業

コロナウイルスにより、収入が減少した方を対象とした貸付制度です。基本的には上限10万円までですが、4人以上世帯や個人事業主、要介護者が世帯員にいる、コロナウイルス感染症の罹患者がいる、その他特に資金の貸付需要があると認められた場合は、20万円までの貸付を申し込むことができます。

総合支援資金貸付事業

緊急小口資金では資金が足りない場合に申請できる貸付です。
1人世帯では15万円×3か月、2人以上世帯では20万X3か月となっています。
※令和4年4月1日現在、緊急小口資金と総合支援資金を同時に申込みすることが可能となっております。


地域福祉・介護保険

1.居宅介護支援事業

利用者の能力に応じ自立した日常生活を営むことが出来るようケアプランの作成、事業所との調整を図ります

2.訪問介護事業

介護を必要とする利用者へ、在宅で日常生活全般の状況及び要望を踏まえて自立した生活を営むことが出来るよう、入浴・排泄・食事介助、その他生活全般の援助を行います

3.通所介護事業

介護を必要とする利用者へ、必要な日常生活上の介護及び機能訓練を行うことにより、利用者の心身機能維持、介護者の身体的、精神的負担の軽減を図りながらサービスの提供を行います


民生委員・児童委員 主任児童委員

民生委員は、児童委員を兼ねており、社会福祉の精神を持って、関係協力機関と協力しながら地域社会で幅広い活動をしています。
民生委員・児童委員は担当区域を持っており地域の身近なところで、生活上の相談に応じています。
主任児童委員は、児童福祉に関する事項を専門的に担当する民生委員・児童委員として、市町村民生委員協議会の区域毎に配置されています。
児童相談所など児童の福祉に関する機関と区域を担当する民生委員・児童委員との連絡調整を行います。
また、安心して子どもを生み、健やかに子どもが育つ環境づくりを目指した活動を行う際にはその中心的な役割を果たし、民生委員・児童委員と連携して活動しています。
担当区域の民生委員・児童委員・主任児童委員は次の方々です。お気軽にご相談下さい。

担当地区 委員名
裏丁上 鈴木 有子
裏丁下・1 福島 まさゑ
裏丁下・2 大沼 まき子
本町 佐藤 陽子
荒町 菊池 昭夫
中町上 及川 邦子
中町下 佐藤 たつ子
新町・山長 大宮 浩子
前川東 大宮 うめ子
前川西 石井 利江
青根 佐藤 敏子
立野上
追木 三郎
担当地区 委員名
立野下 大宮 妙子
野上上 丹野 悦子
野上下 相原 恒夫
古関 大津 恵美子
笹谷 鈴木 新一
小野・小沢・小松倉 三嶋 富美子
川内一・1 佐藤 長子
川内一・2 中村 とみ子
川内一・3 佐々木 ミチ子
川内一・4 冨樫 友則
川内二
峯尾 幸一
担当地区 委員名
川内三・安達 北 きな子
本砂金上 佐藤 昇
本砂金下 沼田 美紀子
支倉上 佐藤 たみ子
支倉中 佐山 ねね
支倉下 高橋 さき子
碁石 佐藤 弘幸
支倉台1 及川 千津子
支倉台2 佐藤 健彦
主任児童委員 鈴木 光春
主任児童委員 平泉 和代

※任期令和元年12月1日~令和4年11月30日

生活相談所

・生活相談開設日 毎週水曜日 10時~12時 場所:川崎町健康福祉センター

 相談は予約制になります。(TEL 85-1222)

・生活相談員
 追木 三郎
 大沼 まき子
 大宮 うめ子

その他相談

自分のこと、家族のこと、地域のこと、その他にも相談したいことや困りごとがありましたら、社会福祉協議会の職員が相談に応じます。

なんでもご相談ください

場所:川崎町健康福祉センター内川崎町社会福祉協議会(TEL 0224-85-1222)